VC PTN 2516703 ビール券について: ビール券.com

偽造ビール券!?

このサイトをご覧になってくださっている方は
何らかの形で「ビール券」に関わっている方でしょう。

ビール券が欲しい。
ビール券がいくらに値するか、価格が知りたい。
換金するにはどうすればいいか。
ビール券って、コンビニで使えるの??
ビール券いただいたけど、ビールは飲まない・・・

あなたが、持っているビール券または、購入しようとしているビール券
ホンモノですか??

ビール券偽造事件として、1997〜1998年ごろ、
約20,000枚が出回ったことがあります。
ただし、コレは旧券の話。
当時は定価660円のビール券の偽造券が全国で見つかりました。
20,000枚って相当な枚数です。


そして、2000年、4月にビール券が新券になってから初めての
偽造券が東京都を中心に見つかっています。

2003年に千葉県で見つかった偽造券は具体的に公表されていますので
コチラにも表記します。



1. 対象券種

   ●ビール贈答券 サッポロ大びん券(2本券)
   券種記号「S−17」(平成9年4月発売〜現行)

2. 偽造券の特徴  

   ●裏面左2行目「販売」の「売」の下半分「儿」が「几」になっている。
   ●裏面右2行目「お客様」の「様」の右下部「氺」が「永」になっている。
   ●表面ホログラムシールに光沢が無く、輝きがザラザラとして鈍く曇っている。
   ●裏面右下の [販売年月日  年 月 日] の色アミが極端に薄い。

3.経緯

   ● 千葉県の金券ショップに持ち込まれ、同ショップにて真偽に疑いが持たれたため、
   11月21日に弊社に届けられた。
   ●当該の券を作成した印刷会社に鑑定を依頼するとともに、所轄の警察に相談。
   ●11月26日に「大量に流通する恐れのあるビール券の偽造と判断」し公表。

4.販売店様、お客様へのお願い

   「万一、偽造券を発見されました場合には、最寄りの警察署へお届け下さいますよ
    う、よろしくお願い申し上げます。」


なお、こちらはサッポロビールの公式サイトのニュースより引用しています。

ビール券を使って楽天でお買い物

お歳暮ビール券をいただいたけど、ビールは飲まないし、ビール券をどこで使っていいかわからない、ビール券を使えるお店を調べるのも面倒だ・・・なんていう方は、ネットショッピングの支払いに使ってみてはいかがでしょうか?
もちろん、ビール券などの商品券を支払いに使用していいかどうか、調べることは必要ですが。

インターネットでお買い物といえば、楽天yahoo!が主流ですね。
今回は、楽天市場ビール券を使用してお買い物ができないか調べてみました。


株式会社 播州卸問屋
このお店は雑貨おもちゃ屋さんのようです。
例えば、Wii(ウィー)本体
DSライトSONY:PSPなどのゲーム本体ソフト周辺機器
ぬいぐるみおもちゃストラップなどの小物雑貨家電子供用の洋服もあるようです。

ただし、ビール券商品券の使用に関してはお店の規定があるので、問い合わせてみてください。
ちなみにこの記事を書いている現在ではビール券大瓶は500円換算のようです。

必要なものが不要ビール券を使って少しでも安くお得に手に入るとうれしいですね。

他にもビール券支払い可能ネットショップがあったらお知らせします。


ビール券をネットオークションで購入するには?

前回、ビール券のネット取引について書きましたが、
今回も、ネット関連に触れてみたいと思います。

ネットオークションを利用した事はありますか?
実はビール券ネットオークションでもよく取引されています。
ネットオークション・・・初心者にはちょっと怖いと思われがちなネット取引ですね。

例えば、
 yahoo!オークション
   http://auctions.yahoo.co.jp/jp/
ここで「ビール券」を検索してみてください。
ビール券」が結構でてきますね。
販売停止になった、KIRIN(キリン)ASAHI(アサヒ)SUNTRY(サントリー)ビール券も見られます。

ビール券取扱店で一般的に販売されているビール券の値段は
「大びん・2本」券は732円「缶350・2缶」券は502円
金券ショップで購入する場合の購入価格
「大びん・2本」券は670円前後「缶350・2缶」券は450円前後
買取価格も取扱店によってさまざまですが、
「大びん・2本」券は620円前後「缶350・2缶」券は420円前後
以上のことは前回、ビール券の価格は? というページで触れました。

この金額をチェックしておいて、オークションで安く手にいれられたら・・・
ちょっとした気分になりませんか?

そのままビールを購入するもよし、
ビール券が使えるスーパーコンビニビール以外のものを購入するもよし、
金券ショップで売るもよし、
もちろん、お歳暮お中元でお世話になったあの人に送るもよし。

オークションで購入する際に注意することは、
 ・有効期限があるビール券の場合、その有効期限
 ・落札価格送料が入り、思っていたよりも高い金額になってしまう可能性もあること。
 
 それから、出品者評価も忘れずにチェックしてみてください。
オークションをやってみるときには、商品の情報をきちんと読んで参加してください。




ビール券 ネット取引

ビール券が欲しい
ビール券換金したい

そんな時、アナタならまずどうしますか?
少し前までは近場に金券ショップがないか調べる方が多かったと思います。
電話帳を使ったりしませんでしたか?

しかし、現在ではインターネットで調べる方法があります。
ビール券換金方法金額をネットで調べていて、このHPを訪問してくださった方もいるでしょう。

近場の金券ショップを調べる方法も、ネットで取引できるチケットショップを探すのも、インターネットでは簡単にできるようになりました。

ネットで購入換金する際、気をつけなければいけないのが、ネット詐欺です。
信じてお金を払った、信じてチケットを送付したのに・・・
連絡が途絶える…そんなネット詐欺業者も少なくないのです。
気をつけてください。

JTA(=Japan Ticket Association 日本チケット商協同組合)という組合があります。
ここに登録している金券ショップなら安心かと思いますが、
JTAに加盟しているかのようにサイトを作っている悪質業者もあるようです。

今はビール券にしても、ギフト券にしても、とにかく何でもネット取引できる時代になりましたが、詐欺には気をつけて取引をしましょう。

ビール券でお釣りはもらえるか?

さて、前回までに、
各会社発行のビール券サッポロ以外は全て中止になったこと。
未使用のビール券は使えるということ。
ビールと交換するだけではなく、一部のお店で買い物ができるということ。
使用期限がある場合があること。
全酒協ビール共通券は販売されているということ。

などなど、いろいろと話してきました。

今回問題にするのは、ビール券でビール以外のものを購入した場合、
その金額に達しなかったらお釣りがもらえるのかどうか、ということ。

結構気になりません?
@ビール券だって、金券です。お釣りがもらえるのは当たり前。
Aビール券お金ではないからお釣りがもらえません。

さァ、どっちが正しいでしょうか?

正解は・・・
両方とも正解です。
正確には・・・使うお店によるのです。

コンビニだからお釣りがでる、とか、お酒やさんだから出ないとかそういう問題でもないようです。
ビール券を使った際のお釣りはお店の判断で変わる、ということです。

ビール券金券として使う場合は、1円でも多く、その金額以上のお買い物をするか、使用する前にお店の方に確認しましょう。

せっかくだから、ビール券の金額分はキッチリ使いたいですもんね。

ビール券の価格は?

現在販売しているビール券
 SAPPOROサッポロビール)のビールギフト券
 全酒協全国酒販協同組合連合会)のビール共通券です。

ビール券取扱店で一般的に販売されているビール券値段
「大びん・2本」券732円、「缶350・2缶」券502円 となっています。

ビール販売店ならほとんどでビール券を購入することが可能ですが、最近では、ビール券ギフト券もネットで取引されていますので、検索してみてください。

金券ショップに行けば、販売買取換金もしてもらえることは皆さんご存知だと思います。
定価よりも安価でビール券が手に入ります。
販売価格金券ショップによってさまざまですが、だいたい
「大びん・2本」券は670円前後、「缶350・2缶」券は450円前後といったところでしょうか。
また、買取価格も取扱店によってさまざまです。
「大びん・2本」券は620円前後、「缶350・2缶」券は420円前後
ですね。

ビール好きの方はビール券をもらったら、ビールにかえるでしょう。
しかし、ビールを飲まれない方のビール券使い方としては、金券ショップに行って換金する他、ビール券を使えるお店(スーパー・コンビニなど)でビール以外のものを買物することもできます。

そうなんです。
お酒取扱店、金券ショップのほかにも、ビール券使えるお店コンビニは全国にたくさんあるんです。
ビールを飲まない方でも、スーパーコンビニビール券を使ってお買物ができます。
使えるお店かどうかはおのおので確認してくださいね。
それから、有効期限がある場合もありますので、注意してください。

  

ビール共通券について

各ビール会社がその販売を廃止したビール券ですが、
全酒協ビール共通券はそのまま販売を続けています。
全酒協とは、全国10万軒の街のお酒屋さんが加盟する全国酒販協同組合連合会(東京都目黒区中目黒2−1−27)です。

このビール共通券はその名の通り、ASAHIアサヒ)、KIRINキリン)、SUNTRYサントリー)、SAPPOROサッポロ)と、銘柄は選びません。
種類は、「633mlびん2本券」「350ml缶 2缶券」があり、
他にも、「清酒特撰券」「清酒上撰券」があります。

2005年10月に、酒税法改正に伴い、ビール券の価格が改訂されました。
それを機に、ビール共通券清酒券はデザインを新しくし、有効期限が設けられました。
もちろん旧ビール券などの金券はそのまま使用可能でした。
そして、有効期限もありません。

2006年5月に再び、酒税法が改定になり、ビール券の価格とデザイン、さらに、有効期限が変わりました。
現在も、このデザインが続いています。






ビール券について

お中元お歳暮によく使われていたビールギフト券ですが、
2004年12月末をもって、KIRINキリン)、ASAHIアサヒ)、SUNTRY(サントリー)がその販売を終了しています。

ビールギフト券の廃止原因は、発泡酒第3種ビールの発売で価格をオープンにしたので、ビール券の販売自体が難しくなったといわれています。

既に販売済みのビール券はただの紙切れになったわけではなく、
そのまま使用できます。
お店での使用も可(使えるお店についてはご確認ください)ですし、金券ショップでも、未だに取引はされているようです。

ビール会社3社が販売を中止した中で、
SAPPOROサッポロビール)だけはその販売を続けました。
理由は、50,000人を超えるお客様にアンケートを取ったところ、約8割が「今後ともビール券を贈り物として使用したい」と、
ビール券の販売継続を要望したからです。
それを受けて、サッポロビールは翌年からも「サッポロビール贈答券(ビール券)」を販売しました。
ただし、サッポロのビール券には「・・・販売価格によっては、不足額をお支払いいただく場合があります」
という但し書きが書いてあります。

さて、販売廃止になった各社のビール券ですが、
全酒協(全国酒販協同組合連合会)の「ビール共通券」も、販売は廃止していません。
次回は、「ビール共通券」について書きますね。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。